働いて感じた在宅勤務のメリット/デメリットとは?【通勤なしの効果は?】

ライフスタイル

・在宅勤務ってどんな働き方なんだろ

・在宅勤務のメリットデメリットを知りたい

そんな声にお応えします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い2020年4月に緊急事態宣言が発令されましたね。

それに伴って企業も在宅勤務を推奨し始めました。

そこで今回は在宅勤務歴半年以上の私が在宅勤務のメリットデメリットについて紹介します。

本記事の内容
  • 在宅勤務について
  • 在宅勤務のメリットとは
  • 在宅勤務のデメリットとは

スポンサーリンク

在宅勤務とは

在宅勤務 メリット デメリット

在宅勤務とはその名の通り在宅で勤務する勤務形態のことです。

緊急事態宣言発令に伴い、制度を導入した企業も多いかと思います。

ですが、一時的に取り入れている企業も多く、8月末時点の調査では在宅勤務を取り入れている企業は23.2%となっています。

ししとう
ししとう

緊急事態宣言が解除されると元に戻った企業がほとんどですね。

扱っているデータや在宅勤務環境が整備されているかなども実施率には影響していますね。

では在宅で働くことのメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか。

在宅勤務のメリット

在宅勤務 メリット デメリット

私が個人的に感じた在宅勤務のメリットとしては以下通りです。

  • 通勤時間の短縮
  • 急な邪魔が入らず仕事に集中できる
  • 時間の制約がない
  • 人間関係に悩まされない
  • 家事や育児時間が確保しやすい
  • 節約になる
  • 休み時間にリラックスできる
  • 宅配時に時間指定する必要がない

大きなポイントは時間の使い方が自由になるということ。

在宅勤務はフレックス勤務とは比較にならないほど柔軟な働き方です。

ししとう
ししとう

私も非常に満足した働き方が出来ています!

以下記事でも体験談を交えてメリットについて詳しく紹介しています。

在宅勤務のデメリット

在宅勤務 メリット デメリット

次に在宅勤務のデメリットについてです。

  • オンオフの切り替えが難しい
  • サービス残業をしてしまうことも
  • 勝手にオフ日を作ってしまう
  • 家庭状況によっては集中できない
  • メールやチャットのチェックが頻繁になる
  • 声を発さなくなる
  • 外に出なくなる

在宅勤務にもデメリットはあります。

特に自己管理ができない方にとっては

  • 動かなくなり運動不足になる
  • 食べるのがめんどくさく、栄養失調になる

などの健康被害が起こる可能性もあります。

ししとう
ししとう

私は運動と食事は絶対に怠らないようにしています!

全て自己責任ですが、ぐうたらし過ぎには注意しましょう。

以下記事でも体験談を交えてデメリットについて詳しく紹介しています。

在宅勤務をするならメリットデメリットを把握しておこう

在宅勤務を始めるならメリット/デメリットを把握することが大切です。

メリットを最大限活かすことができるのかデメリットが勝ってしまわないかを始める前に考える必要があります。

例えば

  • 社内環境が仕事に適しているため、会社の方が生産性が高い
  • 家にいることでストレスを感じ病んでしまう可能性がある
  • 自己管理ができず、家にいるとだらけてしまう

等、結果的にデメリットの方が上回ってしまって在宅勤務はしない方がいいという判断になるかもしれません。

ししとう
ししとう

合う合わないは人によりますからね!

だからこそメリット/デメリットを把握して在宅勤務が向いているかどうかを決める必要があるということです。

在宅勤務で自分のやりたいことが見つかった

在宅勤務 メリット デメリット

私は在宅勤務をしてから自分自身の生き方について考える機会が増えました。

そして改めてやりたいことがいろいろと見つかりました。

在宅勤務で変わったこと
  • 節約にこだわれるようになった
  • 凝った料理を作る時間が増えた
  • 時間の使い方が上手くなった

出社していた頃にできなかったかと言われればすべてできることでしたが、自分の時間が増えたことにより生活に余裕が生まれました。

結果、今までやりたくてもやらなかったことに対して手を出すきっかけになり、生活スタイルが変わったと言えます。

ししとう
ししとう

特に一人暮らし+在宅勤務は生活が大きく変わります!

在宅勤務のメリット/デメリットとは?|まとめ

今回は在宅勤務に関してメリット/デメリットを紹介しました。

メリットは以下の通り。

  • 通勤時間の短縮
  • 急な邪魔が入らず仕事に集中できる
  • 時間の制約がない
  • 人間関係に悩まされない
  • 家事や育児時間が確保しやすい
  • 節約になる
  • 休み時間にリラックスできる
  • 宅配時に時間指定する必要がない

そしてデメリットは以下の通り。

  • オンオフの切り替えが難しい
  • サービス残業をしてしまうことも
  • 勝手にオフ日を作ってしまう
  • 状況によっては集中できない
  • メールやチャットのチェックが頻繁になる
  • 声を発さなくなる
  • 外に出なくなる

今回は以上となります。

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

あせて読みたい

コメント