レンタルサーバー「カラフルボックス」30日間無料トライアル中

簿記はシステムエンジニアの転職で有利なのか?【簿記2級保有の現役SEが解説】

トレンド
  • システムエンジニアに転職したい
  • 簿記はエンジニア転職で役に立つのか?
  • 簿記を取得しておいた方がいいのか

そんな声にお応えします。

この記事を書いている人

システムエンジニア 簿記 転職 SE
Twitter(@shishito9)を運営中
ししとう
ししとう

私は独学で簿記を取得しました。

簿記2級合格証書を載せておきます。

システムエンジニア 簿記 転職 SE

資格に迷ったら簿記を取得しようとする人は多いですよね。

簿記はビジネスマンにとって応用の利く資格ではありますが、エンジニア転職では有利に働くのでしょうか?

結論としては”簿記が転職で有利に働くかは転職による”としか言うことができません。

本記事では簿記の資格がエンジニア転職に有利に働く場合について解説します。

ししとう
ししとう

転職先によっては大きなアピールポイントになるため、内定に繋がる可能性大ですよ!

本記事の内容
  • 簿記は転職でアピールできるのか
  • 転職でアピールができる場合
  • 転職でアピールできない場合
  • アピールするなら簿記2級から
  • アピール時のポイント

簿記はエンジニア転職でアピールできるのか

システムエンジニア 簿記 転職 SE

簿記の知識や資格がエンジニア転職で有利に働くかは転職先によります。

簿記は人気のある資格ですが、用途が限られるため転職先によっては全く利用しません。

ししとう
ししとう

理系大学の授業で簿記ががないのもそのためですね。

簿記をアピールできる場合とアピールできない場合について紹介します。

簿記をアピールできる場合

転職活動時に簿記資格を保有していることについてアピールできる場合は以下の通りです。

  • 転職先が会計システムを扱っている
  • 金融系のシステムを担当する
  • マネジメント層に転職する

システム構築をするには現場を理解していないといいシステムは作れませんし、使ってもらえません。

会計システムを提供する側からしたら簿記の基本的な考えが身についていないと全く顧客目線に立っていないと言ってもいいでしょう。

ししとう
ししとう

私も会計システムを扱っている企業に勤めており、簿記2級の知識が仕事に活きています!

また、システムエンジニアに限った話ではありませんが、予算などを管理する際に簿記の知識を使うため、マネージャー職も同様にアピールすることができます。

\簿記が活かせる職を探せる/

求人なら【MS-Japan】で相談

簿記がアピールできない場合

全く簿記が役に立たない場合はアピールできる場合の裏返しですね。

就職先が以下の場合だと、簿記の資格は運転免許証と同じ扱いをされるので注意が必要です。

  • 自社で会計システムを扱っていない
  • 金融系のシステムを担当しない
  • マネージャー職で転職しない

『簿記を活かして転職をしたい!』と思っている場合は上記の転職先を避けるべきです。

ししとう
ししとう

せっかく頑張って取ったのに運転免許証と同じ扱いを受けるのはショックですよね。

アピールできる場所さえ選べば簿記の知識は転職活動で有利に働くことは間違いないでしょう。

アピールするなら簿記2級以上

システムエンジニア 簿記 転職 SE

簿記を転職活動でアピールするなら2級以上を目指すべきです。

なぜなら簿記3級では転職活動ではほとんど意味がないからです。

関連記事

≫ 簿記3級は意味がない?そう言われる4つの理由とは【有効活用の方法とは】

転職エージェントでも簿記2級を条件と挙げている企業はたくさんありますが、簿記3級を上げている企業はほとんどありません。

つまり、簿記3級はあってもなくても全く気にしないということになります。

簿記の知識を活かしたエンジニア転職をしたいのであれば簿記2級以上は必須と考えていいでしょう。

\簿記が活かせる職を探せる/

求人なら【MS-Japan】で相談

転職時の具体的なアピールポイント

システムエンジニア 簿記 転職 SE

ここでは転職活動時に活用できる具体的なアピールポイントを紹介します。

ししとう
ししとう

転職活動時の面接に呼ばれることもあるため、どのポイントを見ているのかを経験からご紹介します。

※会計システムを扱う会社に転職する場合を前提とします。
※個人的な意見のため、転職が必ず成功するとは限りません。

ポイントとしては以下の4点です。

  1. 簿記は全面的に売り出さない
  2. 経験談から会計知識を披露する
  3. SEとして差別化を図る

順に解説します。

簿記は全面的に売り出さない

面接では簿記をメインで売り出さないことが印象をよくするためのポイントです。

なぜなら、システムエンジニアはそもそものITスキルがないと評価してもらえないからです。

IT人材として使えることを認めてもらったうえで簿記の知識が転職先のサービスにマッチしていることを伝えることが重要です。

ししとう
ししとう

簿記はあくまで補足の知識のため、アピールしすぎに注意すべきですね!

経験談から会計知識を披露する

会計の知識をアピールするときは当たり前ですが、経験談を交えながらアピールするといいでしょう。

なぜなら資格を持っていても使えない人はたくさんいるからです。

経験談の例
  • 経理で働いていた
  • 会計システムを販売していた
    (前の会社が扱っていた)
  • 経理と一緒に仕事をする機会が多かった

何かしら会計に関わっていることが重要です。

会計システムを扱っている会社では「現場の経理業務が分かる」という経験が一番ヒットします。

ししとう
ししとう

私の会社で活躍している人の多く会計の現場を知っている方ばかりです!

SEとして差別化を図る

簿記の保有はSEとして差別化が図れます。

会計に詳しくても簿記2級を取得していないSEは多いためです。

資格を保有していることは誰もが客観的に判断できるツールなので自信を持ってアピールしましょう。

簿記を保有していることは社内だけでなく顧客とコンタクトを取る際の信頼にも繋がります。

ししとう
ししとう

「資格を保有しているのに」と言われたら一気に評価は下がるのでアピールしすぎに注意が必要ですが。

早速簿記を勉強してみよう!

システムエンジニア 簿記 転職 SE

当ブログでは様々なブログの学習方法を紹介しています。

スクールや独学で分かれますのでぜひ探してみてください!

スクールで学ぶ場合におすすめする記事

独学で学ぶ場合におすすめする記事

簿記はシステムエンジニアの転職で有利なのか?|まとめ

今回はシステムエンジニアの転職について簿記が有利に働くのかについて紹介しました。

簿記が有利に働く場合の転職

  • 転職先が会計システムを扱っている
  • 金融系のシステムを担当する
  • マネジメント層に転職する

簿記は万能資格ですが、転職先によっては全く役に立たないこともあります。

しかし、副業などで使えることもあるため、「一生不要」と決めつけるのは少し早いでしょう。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

\当ブログおすすめスクールはクレアール/

「クレアール」資料を無料で請求する

コメント