レンタルサーバー「カラフルボックス」30日間無料トライアル中

【マーダーミステリーレビュー】『星ふる天辺』(ネタバレなし)

ボードゲーム
スポンサーリンク
  • マーダーミステリー『星ふる天辺』に興味がある
  • プレイ後の感想を聞きたい

そんな声にお応えします。

マーダーミステリー(マダミス)の『星ふる天辺』をご存じでしょうか。

『狂気山脈 ~陰謀の分水嶺~』をプレイした方限定のシナリオとなっており、前作同様に非常に盛り上がるシナリオとなっています。

ということで今回はマーダーミステリー『星ふる天辺』の魅力をネタバレなしで最大限伝えたいと思います。

1周目シナリオのレビューはこちら

>>【マーダーミステリーレビュー】「狂気山脈 ~陰謀の分水嶺~」(ネタバレなし)

本記事の内容
  • 『星ふる天辺』の概要について
  • プレイするための準備
  • プレイ後の感想

本記事にはネタバレは全く含まれませんのでご安心ください。

スポンサーリンク

『星ふる天辺』マダミス狂気山脈概要

マダミス 星ふる天辺 レビュー
シナリオ名『星ふる天辺』マダミス狂気山脈/追加ダウンロードコンテンツ
プレイ人数GM+5人
価格オンライン:1,500円
プレイ時間約3時間半
難易度推理要素が多く、難易度高め

基本情報は1作目の『狂気山脈 ~陰謀の分水嶺~』と全く同じですが、1作目をプレイしていないとプレイできないシナリオになっています。
※1作目のネタバレ動画を見ている方もプレイすることができます

前作同様、BOOTHというショップサイトにしか売っておらず、Amazonなどでは購入できません。

 

マーダーミステリーについて詳しく知りたい方は以下記事を参考にしてください。

あわせて読みたい記事

『星ふる天辺』の内容物

マダミス 星ふる天辺 レビュー

オンライン限定のシナリオとなっているため、BOOTHから購入するとZIPファイルがダウンロードされます。

ZIPファイルの中身は以下の通りです。

  • GM用の資料
  • プレイヤー配布資料
  • 盤面カード
ししとう
ししとう

1作目はアップロードファイルがあったんですが、今回はなくなっていました。

『星ふる天辺』マダミス狂気山脈との違い

マダミス 星ふる天辺 レビュー

では肝心の1作目とどう変わっているのでしょうか。

ちなみに『星ふる天辺』のプロローグは以下の通り。

マダミス 星ふる天辺 レビュー

あれ?ほとんど一緒じゃない?

そうなんです。プレイヤーや現場の状況はほとんど一緒ですよね。つまり、前回と同じ流れで進みながらどこかで何かが起きるということ。

ちなみにゲームの注意事項としては「過去プレイの記憶・知識を使ってOK」ということが明記されています。

ししとう
ししとう

ワクワクしますよね!

プレイ前にわかっている変更点としては以下の通りです。

1作目との変更点
  • 前半のソロ調査が5分⇒3分に
  • ホワイトアウト後に公開されるイベントカードの追加

イベントカードは以下の通り。

マダミス 星ふる天辺 レビュー
ししとう
ししとう

これ以上のことはネタバレになりそうなので控えさせてもらいますね。

Twitterでの感想

マダミス 星ふる天辺 レビュー

Twitter上での感想を集めてみました。

作者のまだら牛さんはやっぱり天才
シナリオには感心しかない
とにかく素晴らしいの一言
知れば知るほど奥の深いシナリオ
2周めならではの仕掛けが詰まったシナリオ

『星ふる天辺』|感想(ネタバレなし)

今回はマーダーミステリー『星ふる天辺』を紹介しました。

2周目限定シナリオとなっており、1周目を知っている分、推理が混乱することも多々ありました。

前作の流れだと犯人は○○を狙っている?

前作通りだとしたら○○が起きる?

ただ、シナリオの完成度が非常に高く、GMとしても最高に楽しくプレイさせていただきました。

やっぱり作者のまだら牛さんはポエム牛と言われるだけあって言葉選びが素敵です。
ところどころ挟まれる状況描写を読みながら思わずうっとりしてしまいました。笑

1作目が面白いと感じた方は間違いなく2作目も楽しいと感じるでしょう。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

コメント