レンタルサーバー「カラフルボックス」30日間無料トライアル中

【自炊最強】一人暮らしの食費で1ヵ月1万円未満に抑える11の方法

ライフスタイル
スポンサーリンク
  • 一人暮らしの1ヵ月の食費って平均的にどれくらいかかるのだろ
  • 一人暮らしの食費を1ヵ月の1万円以内に抑えたい
  • 具体的な対策を教えて!

そんな声にお応えします。

この記事を書いている人

Twitter(@shishito9)を運営中

一人暮らしでは実家暮らしに比べて食費がかかりなかなか貯金に回すお金がない人も多いのではないでしょうか。しかし、食費の節約方法を知っておくだけで生活レベルを変えることなく食費を抑えることだってできます。

今回は超倹約家の私が1ヶ月で食費1万円以下に抑える方法をお伝えします。

この記事を参考にして食費に気を遣えば、必ず今よりも食費を抑えることができます。

私の家計簿ツイート
本記事の内容
  • 一人暮らしの平均的な1ヵ月の食費
  • 食費を1万円以内に抑える具体的な方法
  • 食費を押させる食材とは
スポンサーリンク

一人暮らしの平均的な食費は?

食費 1万円 節約

まず一人暮らしの平均的な食費を知っておく必要があります。

世間の平均的な食費と私の1ヵ月の食費について紹介します。

世間の平均的な1ヶ月の食費について

総務省統計局が発表した「単身世帯の家計収支結果」によると2020年7~9月期の結果では以下の通りとなりました。

一人暮らしの平均食費38,041円
一人暮らしの平均食費(男性)41,496円
一人暮らしの平均食費(女性)35,039円

この外食費用には交際費も含まれているため正確な数値は少し下がります。

ししとう
ししとう

意外とみなさん使っているんですね。。

「私の1カ月の食費は平均的だったので気にしなくていいや!」という方は後程紹介する節約方法については関係ありませんので、冷やかし程度に見ていただければと思います。

私の毎月の食費について

ちなみに私の1ヵ月の食費は以下の通りです。

 私の食費内訳平均的な食費内訳
1ヶ月の食費6,300円38,041円
 -穀類1,200円2,570円
 -魚介類0円2,071円
 -肉類1,000円2,076円
 -乳卵類800円1,769円
 -野菜1,500円3,900円
 -果物0円1,738円
 -飲料水300円3,465円
 -調味料500円1,367円
 -お菓子類500円2,862円
 -調理食品(総菜など)500円6.620円
 -酒類0円1,903円
 -外食0円7,493円
 -その他0円206円

 

米や野菜などはまとめて購入しているため、月割りで計算しています。
そのため、購入月によっては10,000円の月もあれば余っていれば5,000円前後で収まる時もあります。

全体的に安い食材を買っていますが、平均値よりも大幅に低い値ですね。

ししとう
ししとう

決して質素な生活をしているわけではありません!

次の章で実践している方法を試すことによって月に1万円以下は達成することができますよ!

私が実践している食費を抑える方法11選

食費 1万円 節約

食費を抑える節約術は以下の通りです。

  1. 自炊をする
  2. 計画的に買い物をする
  3. 安い食材を買う
  4. 安売りやクーポンを利用する
  5. 料理はまとめて作る
  6. 水は買わない
  7. 弁当や水筒を持参する
  8. お菓子やジュースを買わない
  9. コンビニを使わない
  10. 交際費以外では外食をしない
  11. ふるさと納税を利用する

あくまで私が実践している方法で、上記方法により節約することはできますが、自分の生活スタイルに合わない場合もあります。合わない場合は自分に合った節約方法を実践して下さい。

それぞれ解説していきます。

①:自炊をする

食費節約したい人
食費節約したい人

一人暮らしの自炊は高いと聞くけどどうなの?

ししとう
ししとう

食材を無駄にすることさえなければ自炊の方が圧倒的に安いですよ!

一人暮らしの自炊が高いと言われている原因は以下の通りです。

自炊が高くなる原因
  • 作りすぎて捨ててしまう
  • 買いすぎて捨ててしまう
  • たまにしか自炊をしなくて調理器具代の元が取れない
  • 食材にこだわりすぎる

上記のことを対策するだけで自炊の方が圧倒的にコスパが良くなります。倹約家にとって自炊以外選択肢はありませんよ。

 

私が作っている節約レシピについてはこちら

>>男性一人暮らしの節約レシピ4選!Part2【野菜と肉で栄養満点】

②:計画的に買い物をする

食費節約したい人
食費節約したい人

考えるのがめんどくさいから買うものを決めずにスーパーに行ってることが多いな~

ししとう
ししとう

無計画な買い物は様々なデメリットがあります。

逆に計画的に買い物をすることはメリットしかありません!

先ほどの自炊の話と絡みますが、計画的に買い物をすることは以下メリットがあります。

計画的な買い物のメリット
  • 食品ロスが無くなる
  • 衝動買いが無くなる

衝動買いで使いづらい食材や調味料を買ってしまい、賞味期限が切れて捨ててしまったということもありますので使い方も意識して計画を立てるとロスが減ります。

また、まとめ買いは食品ロスに繋がるため、あまりおすすめはしません。しかし、コロナの影響で『買い物の頻度は下げよう』と言われているため、買い物予定も計画を立てることをおすすめします

③:安い食材を買う

単価が安い食材を使うことで、1食あたりの食費を抑えることに繋がります。

安い食材は以下の通りです。

一人暮らしにおすすめ安い食材
  • もやし ⇒安い
  • 玉ねぎ ⇒料理の幅が広い
  • 豆腐  ⇒嵩増し
  • パスタ ⇒時短

もやしは安くて調理もしやすいため、倹約家にとって手放せない食材ですよね。ただ、賞味期限が短いのでまとめ買いはおすすめしません。

その他もリストに書かれている通り、用途は様々で一人暮らしにおすすめの食材です。

④:安売りやクーポンを利用する

最近は人が集まりすぎるためタイムセールは見かけなくなりました。しかし、19時以降の値引きシールは今もまだ健在ですね!

お肉は安くなる時間帯を狙って買い物に行くなど工夫をすると、かなりお得に買い物できますよ!

また、通っているスーパーのアプリや会員になるとクーポンがもらえることもありますので、そちらもチェックして見みてください!

ししとう
ししとう

私がよく通っているライフはライフアプリで毎月5%オフ毎週30円引きのクーポンが配られるため、お得に使っています。

⑤:料理はまとめて作る

食費節約したい人
食費節約したい人

まとめて作ることが節約になるの?

ししとう
ししとう

料理をまとめて作ることは時短に繋がりますし、食品ロスを減らすことにもなります。

しかし、まとめて作る際には注意も必要です。

まとめて作っても問題ない人
  • 翌日に外食の予定がない
  • 突発的に予定が入ることが少ない

まとめて作る場合は翌日以降も消費をする前提で作ります。

そのため、作った料理の保存期間を把握し、冷凍ができるなら冷凍しておきましょう。

ししとう
ししとう

一人暮らしだと冷凍庫は必須ですね!

⑥:水は買わない

食費節約したい人
食費節約したい人

飲料水代って絶対必要だから食費にじわじわ効いてくるんだよな~

ししとう
ししとう

好みが分かれますが、私は水は買いません。

私の場合はブリタ製品の浄水ポット『ファン』を使っており、600円のカートリッジが8週間使用できるため、1カ月当たり300円ほどで飲料水代は収まっています。

ししとう
ししとう

私の場合は水以外は飲まないようにしているため月300円ほどです。

普段飲む飲料水が水でいい方なら非常にコスパがいい方法です。

関連記事

≫ 一人暮らしの浄水ポットはブリタがおすすめ!【ファンを徹底レビュー】

⑦:弁当や水筒を持参する

食費節約したい人
食費節約したい人

毎日の昼食代が結構きついんだよな~

ししとう
ししとう

昼食代はお弁当や水筒を持参するとかなり浮かせることができますよ!

食費を浮かせるために重要なのが昼食代です。

たとえ1食ワンコインだったとしても500円×20日で合計10,000円になります。
積み重なるとかなりの額になりますよね。

前日の残り物弁当や水筒を持参することで少額から節約できるのでこちらもおすすめです。

前日にスーパーの安売り弁当を買っておくといった方法も効果的なのでぜひ試してみてください。

⑧:お菓子やジュースを買わない

食費節約したい人
食費節約したい人

仕事の合間にお菓子を食べてしまうんだよな~

ししとう
ししとう

お菓子は自分のご褒美にするだけでも買う回数が減り、節約になります。

お菓子やジュースの購入も節約したければ多少我慢する必要があります。

また、空腹時の方が仕事に集中できるというメリットもあります。

このメリットを活かして、お菓子はご褒美として購入するといいでしょう。

ししとう
ししとう

ちなみに私はお菓子を購入するときはポイントを使って購入するようにしています!

⑨:コンビニを使わない

食費節約したい人
食費節約したい人

仕事の帰り道や会社の近くにコンビニがあるためすぐに寄ってしまうな~

ししとう
ししとう

コンビニはとても便利ですが、定価で売っているため全く安くはありません

コンビニには行ってしまいがちですが、節約するためには我慢が必要です。

逆にコンビニで買っても損をしないものは以下の通りです。

コンビニで損をしない商品
  • コンビニスイーツ
  • コーヒー
  • プライベートブランド

これらの商品は手ごろな価格でおいしいため、スタバやスイーツ専門店で買うよりもお得に買えますよ。

また、お菓子同様にコンビニを使うときはポイントを使うようにしています。

⑩:交際費以外では外食を控える

食費が高い順は 外食>総菜>自炊 です。

そのため、節約をするにはなるべく外食をせず自炊をするのが適切ですが、たまには楽したいし、プロの味を食べたいですよね。
そんな時はお手ごろな値段の店で外食しちゃいましょう!

節約をするために大切なことは誘惑に勝ち続けることではなく、支出をしっかり把握することです。
そのため、外食は控えることを意識してメリハリを付けましょう!

ししとう
ししとう

私の場合は月に1回すき家の牛丼をいろいろオプション付けて贅沢に食べることをしています。笑

⑪:ふるさと納税を利用する

最後の食費節約方法はふるさと納税の利用です。

実質2,000円で返礼品をもらえるので家計の支えになること間違いなしです。

ししとう
ししとう

私は米などたくさん入っているものを選ぶようにしています。

おすすめの返礼品

上記以外にも豚肉セットなどもあるのでもおすすめです!

1万円以下の食費は自信に繋がる

食費 1万円 節約

1ヶ月の食費が1万円を切ると自信に繋がります。

ししとう
ししとう

1ヶ月1万円生活ができてる!

まあ食費だけなんですが。笑

ストイックに節約生活をすることで外食時の喜びコンビニスイーツのおいしさといった普段感じないことに気づかされます。

とはいっても我慢のし過ぎは意味がありません。何のために節約をしているのかを理解して、メリハリを付けて節約していきましょう!

【自炊最強】一人暮らしの食費で1ヵ月1万円未満に抑える10の方法|まとめ

今回は私が実践している食費を抑える節約術を紹介しました。

  1. 自炊をする
  2. 計画的に買い物をする
  3. 安い食材を買う
  4. 安売りやクーポンを利用する
  5. 料理はまとめて作る
  6. 水は買わない
  7. 弁当や水筒を持参する
  8. お菓子やジュースを買わない
  9. コンビニを使わない
  10. 交際費以外では外食をしない
  11. ふるさと納税を利用する

節約は自分のルールを作って取り組むと長続きします。

ししとう
ししとう

強要されても嫌ですし、強要されてやることでもありませんからね。

そのため、節約に興味がある方は参考程度に「こんな節約方法があるんだ」と思ってもらうだけで構いません。

この記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

あわせて読みたい節約記事

コメント