当サイトのレンタルサーバー「カラフルボックス」30日間無料トライアルはこちら

【簿記3級】知識ゼロから独学で一発合格した勉強方法11の手順

ライフスタイル

・簿記3級に合格したい!

・独学で勉強すれば合格できるのかな?

・合格するための勉強方法が知りたい

そんな声にお応えします。

本記事を書いている人はこんな人物です

☑簿記の知識ゼロで社会人突入(IT企業就職)
☑経理システムを扱う部署に配属
☑必要に
迫られ独学で簿記2級まで取得

社会人になり資格の勉強を促されることがよくありますが、簿記はその中でも1番オススメされる資格です。

そんな簿記ですが、独学で勉強すれば合格することができるのでしょうか?

結論:簿記3級は独学で合格することができます

そこで今回は簿記3級に合格するまでのステップを事細かく解説していきます。

本記事の内容
  • 簿記3級の合格するための勉強方法
  • 簿記3級はゴールではない

おすすめ記事
スポンサーリンク

簿記3級に合格するための勉強方法手順

簿記3級 資格 独学 勉強方法

私が実践した独学で簿記に合格するための手順は以下の通り。

  1. 参考書を購入
  2. 仕訳について理解する
  3. 仕訳の章を1章ずつ進めていく
  4. 帳簿問題を解く
  5. 決算問題を解く
  6. アプリorサイトで仕訳問題を解く
  7. 1度間違えた問題に再チャレンジ
  8. 2時間計って過去問に挑戦
  9. 2時間計って予想問題に挑戦
  10. 過去問・予想問題に再チャレンジ
  11. 気になる問題をチェック

順番に解説します。

①参考書を購入

まずは参考書を購入しましょう。

筆者オススメテキスト

知識ゼロからであればわかりやすく解説してくれている上記の書籍がおすすめです。

以下のHPで立ち読みもできるので中身を見てからでもいいかもしれませんね。

購入する参考書ですが中古ではなく最新のテキストを購入しましょう。

理由は以下の通りです。

  • 出題範囲の変更が頻繁に行われるから
  • 解答用紙が使われていることが多いから
ししとう
ししとう

簿記3級は範囲も狭く、基礎的な問題が多いのでテキストにこだわる必要はありません。

もし、テキストの選択で悩んでいる方は以下記事を参考にしてください!

②仕訳について理解する

次は「簿記がどんな試験なのか」を理解するところです。

1章をじっくり読んでから目次をザっと読むだけでも簿記がどんな試験なのかが見えてきます。

目安として以下のことを軽く頭に入れましょう。

簿記とは?

仕訳とは?

借方貸方とは?

ししとう
ししとう

これらのことは勉強をするうちにわかってきますので、こんなもんなんだと自分なりに解釈出来たら次に進んでOKです!

③仕訳の章を1章ずつ進める

簿記3級の試験では大きく「仕訳」「帳簿」「決算」に問題が分かれます。

ですが、どんな問題も仕訳がベースになってきます。

仕訳が分からないと「帳簿」も「決算」も解けません。

そのため、仕訳問題をじっくり進めましょう。

各章の進め方は以下の手順で進めると身につきます。

  1. 取引と仕訳のつながりを学ぶ
    (掛けで売上 ⇒ 「売掛金 / 売上」等)
  2. 仕訳の問題を解く
  3. 間違えたところに印をつける
  4. 解説を読む
  5. 次の日に間違えたところをやり直し


5.は次の日ではなくてもいいかもしれませんが、3.は絶対にしましょう。

人は翌日には覚えたことの74%を忘れると言います。
間違えたところだけでいいので翌日または1週間後に復習をすると習得も早くなります。

④帳簿問題を解く

帳簿問題も毎回出題されますのでしっかりマスターしましょう。

出題方法としては取引から各帳簿に転記する内容が多く、見慣れない帳簿に苦戦する人が多い印象です。

あくまで個人的な意見ですが帳簿問題は2級ではほとんど使わず、出題される帳簿も人によっては一生関わることのない帳簿もあります。本質まで理解せずこういうものだと割り切ってもいいかもしれません。

具体的な勉強方法としては
取引 ⇒ 直接各帳簿に転記 でもいいですが、
取引 ⇒ 仕訳 ⇒ 各帳簿に転記を習慣化すると仕訳の復習にも繋がりおすすめです。

ししとう
ししとう

仕訳に慣れたら仕訳に変換することは不要です。

⑤決算問題を解く

次は簿記3級の最終難関である決算問題に挑戦です。

出題形式としては複数の決算整理事項を仕訳に変換して、各帳簿に転記します。

帳簿問題と異なる点
  • 仕訳に変換しないと解けない
  • 重要な財務諸表が出題される

簿記を勉強するのであれば仕訳が分かることはもちろん、財務諸表もどんなものか把握しておくべきです。

各勘定科目に対して以下の違いが分かると相当慣れていると言えるでしょう。

BS科目:資産、負債

PL科目:収益、費用

ししとう
ししとう

決算問題は慣れることが一番です。

⑥アプリorサイトで仕訳問題を解く

決算問題まで解くと参考書が1周していることでしょう。

参考書の仕訳に飽きたらアプリやサイトで仕訳問題に再挑戦するといいでしょう。

おすすめ仕訳問題アプリ
パブロフ簿記3級lite

パブロフ簿記3級lite

yudai yoseda無料posted withアプリーチ

おすすめサイトについては記事にもまとめていますのでよかったらご参考ください!

おすすめ仕訳問題サイト

⑦1度間違えた問題に再挑戦

参考書の問題が1周終わって、簿記がどんなものかがある程度わかってくると一度間違えた問題をおさらいしましょう。

ししとう
ししとう

決算問題などは忘れがちなのでおさらいしておくことで知識を固めます。

過去問を解く準備が整ったらチャレンジしましょう。
時間がない場合は⑦は飛ばして過去問に挑戦してもいいかもしれません。

⑧2時間計って過去問に挑戦

ししとう
ししとう

次は過去問に挑戦です!

過去問は以下の流れで解きます。

  1. 解答用紙を用意
    手持ちの参考書次第ではサイトからダウンロードできます。
    ダウンロードはコチラ
  2. 2時間集中できる状態を作る
  3. 試験開始
  4. 答え合わせ・見直し


結果はいかがでしたか?

ししとう
ししとう

ちなみに私は初回の過去問は40点くらいでした。

大問1から全く分からない場合は大問1つずつ時間を止めて答え合わせをしてもいいかもしれません。
その場合もタイマーはリセットしないようにしましょう。

 

過去問は最低3年分は解いてください。

筆者オススメ過去問題集
ししとう
ししとう

過去問3回分を復習しながら解けば身につきます!

⑨2時間計って予想問題に挑戦

ししとう
ししとう

次は予想問題に挑戦です!

ほとんどの過去問テキストには予想問題が付いているため、新たにテキストを購入する必要はありません。

予想問題も過去問と同じ方法で解きましょう。

予想問題を解き足りない方は以下サイトでも予想問題を配布してくれていますのでチェックしてみてください。

おすすめ予想問題サイト

⑩過去問・予想問題に再挑戦

ししとう
ししとう

試験までのラストスパートはひたすら本番をイメージして過去問・予想問題を解きましょう!

さすがにすべて2回実施する時間がない方は以下の優先度で過去問と予想問題を解くと効率的でしょう。

  1. 1番点数の低かった過去問または予想問題に再チャレンジ
    (最低3回)
  2. 過去問または予想問題の間違えたところをピックアップして復習

過去問を2回以上解くことに意味がないと思っていませんか?
絶対に100点が取れるようになると意味がないとは思いますが、間違えてしまう問題があるうちは解くことに意味がありますよね。

過去問や予想問題を解いていくと自分の点数が徐々に上がっていきますので自信に繋がります。

⑪気になる問題をチェック

最後は試験まで残り数日の動きをお伝えします。

有意義に過ごすために、テキストを1からおさらいするなんてことはしません。

1度間違えた問題のみ復習しましょう。

その中でも何回も間違える問題はなかったですか?

ししとう
ししとう

私は消耗品と消耗品費の違いを理解するのに苦労しました。。

そんな問題を中心に解いていくと、試験までの不安が軽減されます。

試験問題を予想しているサイトもありますので、ピックアップして復習したらいいかもしれませんね。

おすすめ問題予想サイト

試験を受ける前の注意事項

簿記3級 資格 独学 勉強方法

ここからは試験前にチェックすべきことを紹介します。

あれだけ勉強したのにすべて水の泡。。
なんてことを避けるためにもぜひ注意しましょう!

試験開始日時のチェック

まずは試験日時のチェックです。

郵送で送られてくる試験表を見て自身でしっかりスケジュール登録しましょう。

3級と1級は朝の9:00~始まりますので前日は夜更ししないようにしましょう。

試験会場のチェック

次に試験会場のチェックです。

近くの商工会議所で試験が開かれると思ったら大間違いです。

しっかり届いた郵送物を見て海上を確認しておきましょ。

当日は人身事故が発生する場合がありますので少し早めについてもいいかもしれません。

持ち物のチェック

最後は持ち物のチェックです。

最低限必要な持ち物は以下の通りです。

  • 受験票
  • 身分証明書
  • 筆記用具
  • 電卓
  • 参考書
  • 時計

電卓は関数電卓ではなく、普通の電卓を使いましょう。

合格したらすべきこと

簿記3級 資格 独学 勉強方法

簿記3級の合格はゴールではありません。

まだまだスタート地点に立っただけです。

ですが、経理の基礎知識を習得したことで

  • さらなる高みへ簿記2級を目指す
  • PASS(経理事務パスポート検定)にチャレンジしてみる

など方向性は様々です。

ししとう
ししとう

私は簿記2級へ挑戦しました!

ぜひ他の資格にもチャレンジしてみてください!

【簿記3級】知識ゼロから独学で一発合格した勉強方法11の手順|まとめ

 簿記を独学で勉強する手順は以下の通りです。

  1. 参考書を購入
  2. 仕訳について理解する
  3. 仕訳の章を1章ずつ進めていく
  4. 帳簿問題を解く
  5. 決算問題を解く
  6. アプリorサイトで仕訳問題を解く
  7. 1度間違えた問題に再チャレンジ
  8. 2時間計って過去問に挑戦
  9. 2時間計って予想問題に挑戦
  10. 過去問・予想問題に再チャレンジ
  11. 気になる問題をチェック

簿記が分かると自分の視界が広がるだけでなく、仕事も広がります。

ぜひ合格を目指して頑張ってください!

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

コメント